top of page
  • 自習ノート事務局

消費者の視点から見るポスティングチラシ広告の実態

更新日:2月14日

自習ノートでは、10代~60代に向けてポスティングチラシに関するアンケート調査を行いました。 毎日の生活に欠かせない広告メディアであるポスティングチラシに対する意識や行動パターン、購買意欲に迫ります。調査結果から見えてくるのは、広告戦略のヒントがぎっしり詰まった興味深いデータばかりです。

チラシの見る頻度は週に数回が主流!

アンケート結果によると、ポスティングチラシを週に数回見る人が最も多く、その割合はなんと56%にも上ります。日常生活で頻繁に目にするポスティングチラシの影響力に迫ります。 Q1.ポスティングチラシを見る頻度(目につく頻度) を教えてください



Q2.普段ポスティングチラシの内容を見ますか?


購買のきっかけになることも!

驚くべきことに、ポスティングチラシを見て商品を買ったりサービスを受けたことがある人は47%もいます。広告から直接購買に結びつく実績があることが浮き彫りになりました。

Q3.ポスティングチラシから実際に購買やサービスを受けたことはありますか?





購買意欲を刺激する要素とは?

アンケート参加者の56%がポスティングチラシによって購買意欲が刺激された経験があると回答しました。その際、興味を引く内容が64%で最も重要視されており、デザインや価格情報も一定の割合で注目されていることが分かります。

Q4.ポスティングチラシによって購買意欲が刺激されたことはありますか?



Q5.あなたにとってポスティングチラシを見る際に重要な要素は何ですか?




どのようなチラシが注目されるか?

参加者が重要視するチラシの要素は多岐にわたりますが、特に「自身の興味がある分野なら見る」が62%と高い割合で挙げられました。また、食べ物のセール情報や不動産情報、地域のお店に対する興味も高いことがうかがえます。

Q6.どのようなチラシなら、 目を通したいと思いますか?



ポスティングチラシは消費者の日常生活に深く関わり、広告メディアとしての効果を発揮しています。特に内容に興味がある分野に関するチラシは高い注目を集め、購買のきっかけにもなることが示唆されました。企業の広告戦略において、ポスティングチラシの利用は一つの有望な手段と言えるでしょう。

Комментарии


bottom of page