top of page
  • 自習ノート事務局

シニア層の購買実態調査

更新日:2月14日

 

自習ノートでは、65歳以上の方々を対象に買い物習慣やオンラインショッピングに対する感度などシニア層の購買実態調査を行いました。 


Q1. 普段の買い物頻度

 



調査結果から、65歳以上の方々の大多数が週に1回以上の頻度で買い物を行っていることがわかります。

 

 

Q2. 主に買い物をする場所

 




スーパーマーケットが最も一般的な買い物先であり、オンラインショッピングはまだ少数派ですが、存在感を増しています。

 

Q3. オンラインでの買い物経験

 



調査に参加した65歳以上の方の63%がオンラインでの買い物経験があることが分かりました。

 

Q4. オンラインでの買い物の印象

 



参加者の回答から、オンラインショッピングに対する印象は様々でした。簡単で楽と感じる人もいれば、分かりにくいと感じる人もいます。また、重い物や大きい物を届けてもらえる利便性や、時間を気にせずに購入できることに対する好意的な意見もありました。一方で、品質や個人情報の安全性に対する懸念や、使い方が難しいと感じる人もいました。

 

Q5. 割引きや特典の影響があるか

 



割引きや特典が購買決定に影響を与える65歳以上の方が多いことが分かりました。価格に敏感な層が多いようです。

 

Q6. 購買行動をする際に最も重視する点

 



品質と価格が最も重視されるポイントであり、ブランド名や販売場所は比較的低い重要性を示しています。

 

Q7. 製品やサービスの情報の入手先

 



情報の入手先として、インターネットや友人知人の口コミが特に注目されています。オンライン情報が増える中でも、口コミの重要性は高いようです。

またポスティングや折り込みチラシも約1/4の割合を占めており、紙の情報資源が有効的であることがわかります。

 

自習ノートではサンプリングやポスティングチラシを取り扱っており、 配布したい地域にピンポイントで配れるため、効率よくターゲット層へアプローチ可能です。



Kommentare


bottom of page